スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



膨張する国の借金。

先日、新聞で興味深い記事をみつけたので、書いていきます。

現在、際限なく積み上がる政府の債務は将来のいずれかの時点で返済されなくてはならない。

当然、返済資金は国民からの税金で支払われる。

なので、将来世代は重い。

こう考えている人は多いのではないでしょうか?

しかし、将来世代の負担の問題はもう少し複雑である。

アバ・ラーナーという経済学者の言葉で、

「内国債での借金はいくら積み上がっても将来世代の負担にはならない!」

経済学の世界では非常に有名な議論を提起している。

原理は簡単で・・・

今のように千兆円近くの債務を政府が積み上げている。

この借金はいずれ返済しなければならない。

その返済資金は国民からの税金で集めるしかない。

しかし、日本のように国債が内国債であれば、国民から集められた税金を国債を持っている国民に支払われる。

要するに、将来のどこかの時点で膨大に膨れあがった政府債務を返済する段階で、

国民からお金が税金で集められて、国債を持っている国民にそのお金が支払われる。

こう見ると、政府の返済はしょせん将来世代の中での資金のやりとりに過ぎないので、

将来世代の負担になるわけではない。

もちろん、国債を持っている人と持っていない人では立場が違うので、国民の間での分配の変化はありえる。

しかし、マクロ経済的に見て、将来世代に負担が残るという問題ではない。

という議論だそうです。

そして1歩踏み込んで考えてみましょう。

これが、もし対外債務であれば、借金が踏み倒されるだけである。

ロシアでもアルゼンチンでもそうしたことが行われました。

多くの国の財政破綻では、海外投資家が借金の一部棒引きを求められ、

金融市場が大変なことになるのは、先のリーマンショックを見ればわかると思います。

そして、話を内国債に戻すと、今度は「国債をもっている国民」vs「国債をもっていない国民」

の対立関係が起こります。

私たちが銀行・郵便局に預けている預金のかなりの額が国債に回っている。

よって、私たちの世代は国債を「もっている国民」である。

これに対し、今の子供やこれから生まれてくる世代の人達は「持っていない国民」となる。

そして、「持っていない国民」は

なんでこれまでの世代の人達が積み上げてきた国債のつけを自分たちの増税で払わなければならないのか?

と不満に思い、そしてその負担が重いほど増税の幅も大きくなる。

そして、そうした増税を政治的に従順に受け入れる理由はない。

こうなると国の行く末は・・・

ギリシャが現在、財政破綻で取り上げられてますが、、、決して日本も他国のことではすまない。。。

きっと今ならまだ間に合うと思うので、現政権のありかたを見直して欲しいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



コメント
こちらの記事とコメントを参考にしてみて下さい。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10532574220.html (この記事の元ネタの解説)

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10534375468.html (主様の心配事への回答)
2010/05/15(土) 21:55 | URL | Gonzo #-[ 編集]
デフレさえ是正できりゃ債務残高なんかすぐに解決できんじゃね?
みんすの成長戦略(笑)とやらに期待してw

ロシアやアルゼンチンの例は資源を持つ国だからできることであり、
日本じゃ無理だね。
信用をなくして一撃で国が崩壊すると思う。
それにまだ打てる手はいっぱいあると思うよ。
政府紙幣、無利子国債、デノミとか。
2010/05/15(土) 22:15 | URL | たんげ #SFo5/nok[ 編集]
>Gonzoさん
↑のリンク(元ネタの解説)は私が記事を書いた元ネタと同じ物ですね。
↓のリンクは元ネタの解決?方法ですね。
国債発行のネックは金利が上昇したときに一気に破綻の可能性があることを書いていないことが気に掛かりますが、なるほどとおもうところもありますね。

>たんげさん
民主党なら違う意味で何とかしてしましそうですが・・・!!!
日本が信用をなくすとおわりますね。
σ(・_・)が思う、1番の手は聖徳太子の1万円札が今年いっぱいで使えなくなります。
両替は10万円まで・・・とか如何?
政府紙幣や相続税免除国債とかも手ですね。
デノミはイマイチ、リスクの高さがネック?ですか?
2010/05/15(土) 22:46 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>聖徳太子の1万円札
のタメのデノミですがな。
円の単位変えるねー
なんで紙幣も変わるよー
あ、聖徳太子も諭吉ももう使えなくなるよー
タンスに隠してたらはよ持ってきてねーって

ま、こんな荒業使わんでもまともな経済戦略組めば
なんとかなるハズなんだけど…
納税者番号制度とかもイイネ。
きめ細かい社会保障制度とかにも応用効くし。
まぁ、この辺全て我が与党(やその元)が野党時代に反対しまくった制度だけどwww
2010/05/16(日) 01:45 | URL | たんげ #SFo5/nok[ 編集]
確かに国債を大量発行した際の金利コントロールが利かなくなるという可能性はコメント欄でかなり突っ込まれた討論になっていました。ただ、デフレギャップを埋める分相当の政府の財政出動+日銀の金融緩和であれば、景気回復のきっかけになり、民間+家計が回復した段階(この段階で国債の金利より市場への貸付金利が上回る。つまり景気回復)そうなってから市場の資金を回収(税収の自然増+利上げ+増税?)し、ゆるやかな成長を継続する。というのが理想ではないでしょうか?
2010/05/16(日) 05:03 | URL | Gonzo #BxQFZbuQ[ 編集]
>たんげさん
政府が日本の未来像・成長戦略をきちっとだして、まともであれば問題ないですねー@@
国民総背番号制(納税者番号)は1番いいと思いますね。プライバシーやら何やら言われてますが、今更個人情報はつつぬけで、裸で歩いているような状態なのに、やりたくない言い訳にされてますね。。。

>Gonzoさん
確かに、現在の生産能力と販売量のデフレギャップが倍くらいの差がある状態を考えれば、財政出動しても問題ないですね。
政府紙幣という手もありますしね。
ま、政府紙幣は日銀がなにがあっても反対するでしょうが。
なにより景気回復さえすれば税収もあがり、将来の消費税増税にも耐えられる体力もついてくるのではないでしょうか。
2010/05/16(日) 22:34 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://midnightstar678.blog81.fc2.com/tb.php/255-9b3fe7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。