スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



花粉症とはっっ!

ちなみに私は花粉症ではありません。
今年は花粉が多いそうです。

ちこっと花粉症について書くと、スギなどの花粉によるアレルギー症状だそうです。
現代では4人に1人がかかっていて、若者の2人に1人が予備軍だそうです。

花粉症を治す方法として、薬で緩和する治療法と、花粉エキスを注射で体内に取り込み花粉症を根本から治療する方法の2つがあるが、だれでも完治する方法は確立されていないそうです。
ということで、トラックバック”(´・ω・`)ショボーンとしてみる”の記事が全員に効けばノーベル賞もらえるかもですね(笑)

今では子供も花粉症で苦しむようなのでこちらのトラックバック”花粉症blog”も参考に載せておきます。

花粉が少ない年には症状が出ないこともあって、
治ったと勘違いする人もいるが、自然治癒するのは数%だそうです。
ほとんどの人は治らないみたいで、
放っておいたら悪化する一方なので、早めの治療が必要だそうで。
主に2つの治療法があるようです。

1:目薬、点鼻薬(鼻腔に直接スプレーする薬剤)、内服液を使う「対症療法」。
症状をやわらげることを目的とします。
(1)花粉症のときに体内で増えるアレルギーの細胞を抑える
(2)アレルギーの細胞から症状の原因となる物質(化学伝達物質)が放出されるのを制限する
(3)ヒスタミンをはじめとする化学伝達物質が神経や血管に作用するのをブロックする
厚労省では、薬剤をうまく使い分ければ約5~6割の患者が快適に過ごせるそうです。

2:花粉症を根本から治療する「根治療」。
濃度を下げて薄くした花粉の抽出液を注射し、
その後少しずつ濃度を上げていくことで免疫をつけていく「減感作療法」。
花粉症の季節の3か月以上前から始め、2年以上続けるないといけないそうです。
はじめの3か月間は週に1回、次の2か月が2週間に1回、その後は1か月に1回注射します。
注射した抗原がリンパ球を刺激するため、
鼻の粘膜にあるアレルギーの細胞が減少すると言われているみたいです。

厚生労働省が行った研究結果によると、スギ花粉症に対する減感作療法で軽症、
無症状に収まった患者は70%以上に!
そのうち28%が薬を使わなくてよかったらしい。
15歳以下の小児の方がより高い効果があるみたいです。

どちらにしてもお金がかかりますね><


コメント
今年は花粉だけでなく中華なお国からやってくる黄砂に配合の化学物質が当社比150%で絶賛飛来中らしくぁwせdrftgyふじこlp

死にそうですorz
2009/03/03(火) 00:54 | URL | たんげ #SFo5/nok[ 編集]
花粉症は大変らしいですね。
mimmyは今の所 花粉症とはちゃうけど
これ以上は堪忍です(+o+)
2009/03/03(火) 15:40 | URL | mimmy #MkcNXXBo[ 編集]
>たんげさん
黄砂ってまだ飛んできているんだ・・・黄色じゃなく金のす・・・なにをするあwせdrftgyふじこlp
>mimmyさん
そだね、これ以上ならかなわんねぇ。
o(・_・θキック【花粉】
2009/03/03(火) 22:41 | URL | じゃすてぃす #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/04(水) 02:40 | | #[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://midnightstar678.blog81.fc2.com/tb.php/27-30601e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。